医院案内Clinic

院長あいさつ

皆さん、初めまして。このたび鎌田歯科医院を移転開院させていただくことになりました院長の鎌田 幸子と申します。
歯科医院に対して苦手意識をお持ちの方は多いと思いますので、不安なお気持ちを少しでも和らげられるよう、当院では初診のカウンセリングを大切にしています。
また治療を進める上ではインフォームドコンセントを徹底し、患者さんのご了承なく歯を抜いたり削ったりすることはいたしません。歯の治療にはさまざまな方法がありますので、それぞれメリット・デメリットをしっかりとご説明し、お一人お一人に適した治療ができるように努めております。
お口に関するお悩み・ご不安などがございましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

院長 鎌田 幸子 かまた こうこ

経歴
1970年3月
神奈川歯科大学 卒業
1970年4月
神奈川歯科大学 小児歯科助手
1972年4月
大船中央病院歯科 勤務
1981年
浦賀に鎌田歯科医院 開院
1985年
場所を久里浜5丁目に移し、以後35年間同地域にて開院
2021年8月
新たに久里浜2丁目にて移転開院

副院長紹介

副院長 鎌田 啓太 かまた けいた

経歴
  • 1999年3月 神奈川歯科大学 卒業
  • 1999年5月 杏林大学医学部付属病院(耳鼻咽喉科・顎口腔科)にて研修ならびに勤務
  • 2004年4月 西東京市の診療所勤務(副院長)
  • 2021年現在 鎌田歯科医院(副院長)
  • タクマ歯科医院(勤務医)診診連携
  • 横須賀共済病院(歯科口腔外科非常勤勤務医)病診連携

顧問紹介

顧問 鎌田 仁  かまた ひとし

経歴
  • 日本有病者歯科医療学会 指導医
  • 元神奈川歯科大学 特任教授

スタッフ

衛生士 1名


診療案内

歯科

子どもの頃、歯医者さんで怖い思いをしたことのある方も多いと思います。そのような経験をすると、大人になっても歯科医院へ行くことをためらうようになり、治療のタイミングを逃しがちになります。
そのため当院では、無理にお子さんを治療することはいたしません。治療に入る前に、まずはスタッフがお子さんと積極的にコミュニケーションを取ることで打ち解け、自ら口を開いてくれるようになるまで、時間をかけてゆっくりと対応させていただきます。
丈夫で美しい歯は、一生の財産です。子どもの頃から年齢に合わせたケアを行うことで、歯をいつまでも大切にしていきましょう。

歯周病治療

「歯みがきのたびに出血がある」「歯ぐきが腫れている」こんな症状がある方は、歯周病にかかっている可能性があります。
歯周病は自覚症状がほとんどないままに進行し、顎の骨を溶かして歯が抜け落ちてしまいます。また細菌によって、誤嚥性肺炎や糖尿病、心疾患、脳梗塞、認知症などの重篤な病気を引き起こすこともあります。歯周病の治療は定期検診・クリーニング、毎日の丁寧な歯みがきがポイントです。気になる症状がありましたら、お早めの受診をおすすめいたします。

入れ歯

歯を失ったままにしていると、他の歯がカバーしようとして動いてしまうため、かみ合わせのバランスが悪くなります。当院では患者さんのご希望をきちんとうかがい、お口にぴったり合う義歯を製作いたします。他院で製作した義歯の調整も承っていますので、お気軽にご相談ください。

歯科口腔外科

歯科口腔外科とは、文字通りお口の中の外科治療を指します。歯科医院では、むし歯や歯周病の治療だけでなく、お口の中のさまざまな疾患に対応しています。「歯は痛くないけれど、口の中に違和感がある」「親知らずが気になる」「顎が開かない」という方は、ご相談ください。

口腔ケア(口腔衛生相談・指導)

せっかくむし歯や歯周病を治しても再発することがあるため、治療が終了した後もメンテナンスをしっかりと行い、予防に努めましょう。
そのためにはご自宅での歯みがきはもちろん、定期的に歯科医院に通い、プロによるクリーニングを受けることがおすすめです。定期検診でむし歯や歯周病が見つかっても、早い段階で発見すれば治療期間が短く済み、治療費も抑えることができます。自分の歯で食事や会話をいつまでも楽しめるように、予防に積極的に取り組みましょう。

セラミック治療

金属の詰め物やかぶせ物は金属アレルギーを引き起こしたり、見た目が目立つなどのデメリットがあります。そのため最近では、セラミックなどの素材を用いて、天然歯のような見た目に仕上げる方が増えています。
当院では、見た目はもちろん、かみ合わせやお口全体の調和、耐久性などの機能性を重視し、患者さんお一人お一人のご要望にあった治療法を提案いたします。銀歯が気になる方、歯が欠けてしまった方、丈夫できれいな詰め物を入れたい方は、お気軽にご相談ください。